古布のご紹介


by saiyuu2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

古布 木綿 絹型染め Cotton silk Katazome Japanese antique textile

おはようございます  西馬音内はぎ衣装です
c0325097_832783.jpg
c0325097_834486.jpg
c0325097_84139.jpg
c0325097_842258.jpg

はぎ衣装は、西馬音内の盆踊り衣装が有名ですが、東北各地で同じような衣装を見かけます
小さなハギレでも絹布は貴重で、大切に保存され、出番を待ちました。細かく継ぐことは、技術的にも手数のかかる事とおもいますが、反物を仕上げるごとく何度も繰り返されました。画像の裂つかいは、面積の大きなものなので裕福な御家の作品でしょう。
c0325097_9141255.jpg
c0325097_9143318.jpg
c0325097_915987.jpg

絹は、木綿や麻のように擦り切れた上から刺子を施して補強する事がほとんどありません。
弱った部分を切り取って、残りの健全な部分を小さくとも縫い合わせました。儀式的な意味合いを持って縫い合わされた物は少なく、シンプルにきれいにバランス良くを考え 構成したものが殆どです。
c0325097_9231485.jpg
c0325097_9233785.jpg

大人の着物から子供用に作り替えたものです。簡単な取り合わせです。
c0325097_9265447.jpg

穀物袋なども、お供えするものだから家じゅうで一番の「えーもん」を使ったと思います。
いずれ、穀物袋は種類をご紹介いたします。
c0325097_9293573.jpg

こういう細かな裂のつぎはぎは、かなり稀です。
by saiyuu2 | 2014-04-15 10:30 | Comments(0)