古布のご紹介


by saiyuu2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

古布 木綿 刺し子 火消し Japanese Antique Textile Tsutsugaki Edo Fireman Sashiko

こんにちは 江戸期の筒書き 火消し刺し子です
c0325097_15485846.jpg
c0325097_15492164.jpg
c0325097_15495798.jpg
c0325097_15511928.jpg
c0325097_15513262.jpg
c0325097_15514988.jpg
c0325097_1552033.jpg
c0325097_15522985.jpg
c0325097_15524570.jpg
c0325097_15543062.jpg
c0325097_15553222.jpg
c0325097_15555414.jpg
c0325097_15563398.jpg


火消しの刺し子には、色々なテーマがありますが 目出度いものよりも 勇壮なとかイカツイと言うフレーズで表現される 図柄が殆どです。


誠に厳しい現場から勇壮なスタイルを鼓舞して凱旋する火消し者の描き絵刺し子が目に浮かびます。

この筒書きスタイルは、どちらかと言えば「文科系」男子のお好みか!とも思わせるようなFunkyな図柄です。

江戸期には、武家羽織のしゃちほこばった定形アイテム、江戸火消しの勇壮アイテムが有ります。そして 今回 筒書きによる「地道にだけど確実に」作業をこなす火消し集団 この形状から、黙々と仕事をこなす農民火消しの存在が想像できます。

「火消し作業」の後は、お神酒のいただける小うたげが有ったのかもしれません。

そこでも 江戸火消しのような勇壮よりも 飄々とした筒書き「狂言的スタイル」を彼等は好みました。
c0325097_16381687.jpg

c0325097_16382993.jpg


お疲れのときには、おどけた癒しの お気楽さが必要でしょう。

ではまた    
by saiyuu2 | 2015-04-09 17:30 | Comments(0)