古布のご紹介


by saiyuu2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

古布 木綿 麻被衣 Japanese Antique Textile Hemp Katsugi

お早うございます 地方麻被衣 です。

If you have any questions for our items or you would like to purchase something on this page, please contact us.
saiyuu@gamma.ocn.ne.jp

c0325097_13525039.jpg
c0325097_1353494.jpg
c0325097_13531635.jpg
c0325097_13532921.jpg
c0325097_13534429.jpg
c0325097_1354021.jpg
c0325097_13541344.jpg
c0325097_13543458.jpg
c0325097_13554535.jpg
c0325097_13555769.jpg
c0325097_13562297.jpg
c0325097_13563547.jpg
c0325097_13564666.jpg
c0325097_13565796.jpg


東北地方では、冠婚葬祭時に「かつぎ」を被る習慣が昭和の前期頃まで一部地域に深く浸透していました。

その為「かつぎ」を被った参加者の人数でその儀式の規模を知ることができた地域もありました。

そして、「かつぎ」は儀式に必要なアイテムとして代々受け継がれてきました。

京のみやこでは、やんごとなき御身分の方々が 外出時に、ふだんより「かつぎ」を使用されました。その為、公家・武家の婦人たちに大変上質のアイテムが好まれました。

耐久性に優れた大麻繊維は、極限まで細く裂かれ 手触り 見た目において絹アイテムと見まごうものでした。地方では、廻船の御かげにて都の古手「かつぎ」を購入することはできましたが、

今回のアイテムは、遠く都に憧れを持つ婦人のご注文により地方にて持てる限りの地方の手わざで
極細の大麻繊維を生み出し 紋様も 大紋を基調として御所「かつぎ」の手法を取り入れ 地方色が隠せぬ手わざで仕上げられています。

なれぬ仕事ぶりが随所に現れ、地方色が濃くにじみ出てしまいます。
大変稀な 製作アイテムだけに現存数は、殆どありません。

越後あたりでは、もともと地産の上布を用いた御所風「かつぎ」なども見受けられますが、その布材の無い地域での苦心のアイテムです。

ではまた

 
by saiyuu2 | 2016-06-09 15:03 | Comments(0)