古布のご紹介


by saiyuu2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

古布 木綿 江戸期庄内 刺し子 Japanese Antique Textile Edo-period Shonai Sashiko

庄内江戸期木綿刺し子です。

画像の刺し子は、江戸期 風合いの良い厚みの木綿布を二枚重ねて木綿糸で刺し子されたアイテムです。かなりの熟練者の技量が必要と思われます。後の時代の刺し子より厚さが有り、かなりの硬質感を持った刺し子布です。
ほど良い厚さは、その時代の木綿布の柔らかさを示し その仕上がりに強度と風合いの良さがあり。妥協できる調和の限界点だったと思います。
今日では、その硬質感に江戸期の時代性を感じ また使用頻度の高いアイテムとそうでないものとに今日的微妙な好みの相異を生み出してきました。
 
江戸火消しの刺し子のように確実に必要な硬質感を持つアイテムと野良着等何回も洗浄を繰り返した柔らかい厚さの刺し子アイテムに見た目の印象差はあります。

そして、現代に遺されてきた江戸期木綿アイテムは、未使用アイテムと多使用感アイテムに両極の味わい深さを含みます。

江戸期木綿布の持つ良さは、全て「江戸期の良き風合い」から発生します。

c0325097_18551432.jpg

c0325097_18552546.jpg
c0325097_18553655.jpg
c0325097_1855456.jpg
c0325097_18555722.jpg
c0325097_18561446.jpg
c0325097_18562935.jpg
c0325097_18564679.jpg


ここから内側です。
c0325097_18574297.jpg
c0325097_1858239.jpg
c0325097_18594477.jpg
c0325097_185957100.jpg
c0325097_1901053.jpg
c0325097_1902822.jpg
c0325097_1904332.jpg
c0325097_1905955.jpg
c0325097_1911362.jpg
c0325097_1912733.jpg
c0325097_1914172.jpg
c0325097_195895.jpg
c0325097_1953610.jpg
c0325097_196770.jpg
c0325097_196275.jpg
c0325097_1965056.jpg
c0325097_1971020.jpg
c0325097_1973096.jpg
c0325097_1974895.jpg
c0325097_198893.jpg
c0325097_1983021.jpg
c0325097_1984390.jpg


w木綿スレードで全体をバランスよく刺し子するのは、結構大変な技術を要すると思います。
どこを見ても見慣れたお決まりの江戸事柄満載です。

ではまた
by saiyuu2 | 2017-05-24 19:08 | Comments(0)