古布のご紹介


by saiyuu2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

古布 木綿 起毛木綿 絞り Japanese Antique Textile Kimo-momen Shibori

藍染 起毛木綿 絞りです。
c0325097_16532870.jpg
-
c0325097_1654334.jpg
-
c0325097_16541923.jpg
-
綾織木綿布に藍染絞りで加工しています。
京都書院 日本の染織 日本の絞り P17の解説とおなじ布材 加工となります。
c0325097_16543673.jpg
-
c0325097_16545266.jpg
-
c0325097_1655936.jpg
-
ここまで 藍染 絞り起毛木綿の鎧下です。

ここからは、藍染 絞り起毛木綿布 断片です。
c0325097_16575371.jpg
-
c0325097_1658334.jpg
-
絞り糸がまだ残っています。
c0325097_16581357.jpg
-
c0325097_16582339.jpg
-
c0325097_1658363.jpg
-
ここから裏面です。
c0325097_16584829.jpg
-
c0325097_16585998.jpg
-
c0325097_16591056.jpg
-
c0325097_16592094.jpg
-
c0325097_16593346.jpg
-


c0325097_16594382.jpg
-

板締めによる型染めの藍染め起毛木綿布野良着を 山形県 庄内地域で以前は散見することが出来ました。
それは、この地域の独自風俗のような存在アイテムです。そして、このアイテムは、少し加工法を変えて同じようなアイテムが時代を経て受け継がれていました。

 始まりの素材は、舶載アイテムですが、時を経て日本文化に溶け込む起毛木綿アイテムとなりました。

庄内地域は、その裕福さから 本邦でも他に類を見ないほどのアイテムの伝承品が遺されました。



画像の鎧下は、近畿地域で採集されたアイテムで、断片布も近畿地域の採集です。


ではまた
by saiyuu2 | 2017-09-09 17:15 | Comments(0)