古布のご紹介


by saiyuu2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

古布 木綿 赤更紗 Japanese Antique Textile Aka-sarasa

赤更紗です。  昔は、東北地方の太平洋側でよく採集しました。赤は、蘇芳です。
c0325097_16273415.jpg
-
c0325097_16275464.jpg
-
c0325097_16281388.jpg
-
c0325097_16283026.jpg
-
c0325097_16284447.jpg
-
c0325097_16285757.jpg
-
c0325097_162998.jpg
-
c0325097_1629203.jpg
-
c0325097_16293577.jpg
-
c0325097_16295511.jpg
-
1センチに経糸が12本ぐらいの経糸の数です。

前回の4です。物差しを置いて撮影が難しいです。
c0325097_1632273.jpg
-
-
-
-
前回の2,3,4です。

c0325097_21482332.jpg


c0325097_2148574.jpg


c0325097_21493355.jpg

11月29日の4番の藍染め絞り木綿よりも1センチあたりの経糸の数が少ないようです。
肉眼で見た目にもスキスキの蚊帳のような織り方です。絶妙な型染めの感じがスキスキ感をかなりごまかしています。手触りも柔い柔い風合いです。

この木綿布は、手で紡がれた大変ゆるゆるの糸で織られています。糸の太さがまことにバラバラで
糸のバラバラ感は肉眼ではっきりとわかります。

この感じがNH氏のとりかえ木綿からできた物だろうと思います。 使用用途になんとなく雰囲気がマッチしていれば多少使用感の不具合にも目をつぶった時代と思います。

ここまでのスキスキ感ゆるゆる感ではないですが、江戸期の木綿布には手で紡がれた木綿糸の不揃いが画一的にそろった布よりも 手で作られた ゆるゆるのFolkyさを味わうことが出来るようです。

不揃いの糸が生み出す 「癒し」が手にも 目にも心地よいのでしょう。

ではまた
by saiyuu2 | 2017-12-01 17:35 | Comments(0)