カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

古布 木綿 筒描 Japanese Antique Textile Tsutsugaki

c0325097_21494917.jpg
-
c0325097_21504412.jpg
-
c0325097_21511442.jpg
-
c0325097_21514417.jpg
-
c0325097_21521439.jpg
-
c0325097_21532714.jpg
-
c0325097_21535964.jpg
-
-
-
-
c0325097_21545618.jpg
-
c0325097_2155307.jpg
-
c0325097_215673.jpg
-
c0325097_21563325.jpg
-
c0325097_21565926.jpg
-
c0325097_21574043.jpg
-
c0325097_2158238.jpg
-
c0325097_21582822.jpg
-
-
-
-
-
c0325097_21591430.jpg


筒描き多色絵画より藍染の「擦れ味」を見て 採集しました。

図柄以上に布材の「擦れ味」が気になります。これも 襤褸の一つの形でしょう。

いい具合の使用感を「擦れ味」といいますが、何度も人の使用を洗浄した上にこの形が仕上がります。 使用具合に微妙な心使いがあったおかげで 継ぎ接ぎをする必要もなく、「擦れ味」が美しく
のこされました。

藍染のみの継ぎ接ぎは、そのグラデーション感覚が現代大いに好まれています。

人が手をかけて作り上げたアイテムは、使われてこそ「いい感じ」が生まれてくるようです。

ではまた

P.S. 明日 違った仕様過程から出来上がったアイテムご紹介します。
トラックバックURL : https://saiyuu2.exblog.jp/tb/26784741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by saiyuu2 | 2017-07-02 22:01 | Trackback | Comments(0)