カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

古布 木綿 紙縒り 裂き織 庄内 Japanese Antique Textilw Koyori-paper Sakiori Shonai

紙縒り 裂き織 庄内アイテムです。 sko-001
c0325097_14411644.jpg
-
c0325097_14413177.jpg
-
c0325097_14414277.jpg
-
c0325097_1441553.jpg
-
c0325097_1442686.jpg
-
c0325097_14421765.jpg
-
c0325097_14423026.jpg
-
ここの白く見える太い糸は、反故紙を撚った紙縒り糸です。
ところどころに墨汁で書かれた痕が残っています。
c0325097_14424336.jpg
-
c0325097_1443465.jpg
-
c0325097_14431554.jpg
-
c0325097_14433378.jpg
-
c0325097_14434438.jpg
-

ここから内側です。
c0325097_14464737.jpg
-
c0325097_14472988.jpg
-
c0325097_14475057.jpg
-
c0325097_14485858.jpg
-
c0325097_14491016.jpg
-
c0325097_14492386.jpg
-
c0325097_14493589.jpg
-
c0325097_14494879.jpg
-

ここから内側の前面です。
c0325097_14534753.jpg
-
c0325097_14541534.jpg
-
c0325097_14543572.jpg
-
c0325097_14545337.jpg
-
c0325097_14551282.jpg
-
この部分は、反故紙の紙縒り糸と反故紙藍染紙縒り糸の二本の紙縒り糸がより合わされています。
そして、一本の紙縒り糸として緯糸に使用されています。
c0325097_14552953.jpg
-
c0325097_14554478.jpg
-
c0325097_14574082.jpg


当時の庄内地方で 充分に使用され本来の役割を終えたおおくの紙・布・いとの材料は、次の使用目的に充分耐えられるようでした。地域の人々の工夫が次のアイテムを生み出したようです。
それは、既に決められていた工程かもしれません。
このアイテムを精査してみても、ある部分は単純に反故紙を紙縒り糸として使用し、ある部分では藍染反故紙紙縒り糸と撚り合わせて藍染紙縒り糸と交互に織り込まれています。
遺された量だけの範囲の仕事なのか、試しに別のやり方をやってみたのか いずれにしても色んな試行錯誤を持つアイテムがたまに現れる事があります。
意外と試験アイテムだから残ってきたのかもしれませんが。

ほかにも庄内地域では、遺された素材での試行錯誤が繰り返された「布アイテム」が幾つか遺されてきました。

それらは、「希少織」のように遺されています。

ではまた
トラックバックURL : https://saiyuu2.exblog.jp/tb/26837592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by saiyuu2 | 2017-07-24 15:50 | Trackback | Comments(0)