カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

古布 木綿 紙縒り 庄内 野良着 Japanese Antique Textile Shonai Koyori-paper Noragi

庄内 紙縒り織布でできた野良着です。明治期のアイテムです
c0325097_13482053.jpg
-
c0325097_1344860.jpg
-
c0325097_13443959.jpg
-
c0325097_13491542.jpg
-
c0325097_13492542.jpg
-
c0325097_1349342.jpg
-
c0325097_13494691.jpg
-
c0325097_13495542.jpg
-
c0325097_1350542.jpg
-
c0325097_13501663.jpg
-
c0325097_13502881.jpg
-
c0325097_13514688.jpg
-
c0325097_13515674.jpg
-
c0325097_1352697.jpg
-
c0325097_13521754.jpg
-
c0325097_13522912.jpg
-
c0325097_13524093.jpg
-
他部分とは別に藍染めされた部分です。
先染めで藍染めされた紙縒り糸をこの辺りの部分だけに使用されています。
守らなければならぬ規格があるわけでなく、なんとなくのシバリが柄行を決定しています。
意識した事柄は全くないようです。限られた範囲ですが自由です。
8番以降のアイテムをご覧いただけるとご理解いただけます。
c0325097_13525156.jpg
-
c0325097_1353143.jpg
-
c0325097_13535414.jpg
-
c0325097_1354476.jpg
-
c0325097_13541584.jpg
-
c0325097_13542591.jpg
-
c0325097_1354414.jpg
-
c0325097_13545486.jpg
-
c0325097_1355533.jpg
-
c0325097_13553341.jpg
-
c0325097_13554586.jpg
-
c0325097_13555669.jpg
-
c0325097_13561031.jpg
-
c0325097_1356227.jpg
-
c0325097_13563369.jpg
-
c0325097_13564881.jpg
-
c0325097_1356585.jpg
-

庄内では、江戸期~明治初期の国中がバタバタした時期でも地元が裕福な御かげで貴重な木綿糸をふんだんに使用したアイテムが作られています。
このアイテムも先の1~7アイテムのような規則を持った仕上げではなく、仕上がりは自由です。
制作時の基本素材が充分に足りていたわけもなく、そこそこ形のシバリは持ちますが 遺された素材だけで製作されることが当然のことでした。

裕福な土地では支配階級者が素材をフンダンにそろえて与えられることで 製法もフォルムも法則性が生まれ面白みのない堅い固いアイテムとなり(確かに見映えの統一感は、ふんだんな素材から生まれますが)素材が足りないところを工夫して作りだした被支配者アイテムの面白さなど湧き出るはずもありませんでした。

シバリなく楽しみながら製作されたということでしょう。
こんにち 楽しめるアイテムは、全てが足りない窮屈な中の「反発」を観ているようです。

ではまた
トラックバックURL : https://saiyuu2.exblog.jp/tb/29743865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by saiyuu2 | 2018-09-17 13:39 | Trackback | Comments(0)