カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

古布 木綿 元禄裂 寄せ襦袢 Japanese Antique Textile Genroku-Edo Silk Kimono

庄内アイテム 一休みします。 元禄期の友禅染縫い紋付小袖裂他の寄せ裂襦袢です。
c0325097_14264960.jpg
-
c0325097_1427048.jpg

胴体部分は、江戸末期の木綿縮緬です。
c0325097_14271040.jpg
-
c0325097_14272170.jpg

元禄期 特有の友禅染技法が随所に見られます。
c0325097_14273438.jpg
-
c0325097_14275270.jpg
-
c0325097_1428213.jpg
-
紫と白の境界は、ボカシで染め分けされています。
c0325097_14281384.jpg
-
c0325097_14282325.jpg
-
c0325097_14283465.jpg
-
c0325097_14284565.jpg
-
c0325097_14285544.jpg

元禄期の細く鋭い糸目染め、極細の墨書きの線など細かい技巧に優れた技術が見受けられます。

c0325097_142949.jpg
-
c0325097_1429167.jpg
-
c0325097_14292517.jpg
-
c0325097_1429377.jpg
-
c0325097_14294582.jpg
-
c0325097_14295645.jpg

植物染料特有の穏やかな紫色地に美しく白い色糸が印象的です。
極細紫色糸も桐紋の葉脈を表すには、十分イイ感じの細さです。
c0325097_1430613.jpg

元禄期のおおらかで柔らかい糸で構成された縫いかげんの緩い縫い紋です。
c0325097_14302089.jpg
-
c0325097_1430329.jpg
-
c0325097_14304235.jpg
-
c0325097_14305328.jpg

元禄期の小袖アイテムは、その以前の寛文期のアイテムの細部が緻密な美しい仕事を
制作方法の簡易化によって当時の求めに応じた美しい小袖があらゆる身分にいきわたるように
量販生産を容易にした友禅技術です。
それは、非常に好評を博してイズレあらゆる階級の女子に好まれたようです。
草創期の友禅技法は、大柄主体の寛文期の「がらゆき」を継承するようなデザインが多いようです。
その後、少し画一的な紋様にデザインを頼るようになってきます。
とはいえ すべてを植物染料で染めだし今なお褪せることのない色をこんにちに伝えています。
 
 現代まで鮮やかに遺された大胆な色彩構成は、褪せることのない希少アイテムです。
そして、植物染料から絞り出された「心地よい色」アイテムです。

ではまた
トラックバックURL : https://saiyuu2.exblog.jp/tb/29765119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by saiyuu2 | 2018-09-27 17:22 | Trackback | Comments(0)