カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

古布 木綿 庄内 紙縒り 野良着 Japnese Antique Textile Shonai Noragi Koyori-paper

庄内 遊佐 紙縒り 野良着 浜法被
c0325097_1462555.jpg
-
c0325097_146408.jpg
-
c0325097_1465392.jpg
-
c0325097_1472289.jpg
-
c0325097_1473965.jpg
-
c0325097_148015.jpg
-
c0325097_1481254.jpg
-
c0325097_1482576.jpg
-
c0325097_14837100.jpg
-
c0325097_1484812.jpg
-
c0325097_14101983.jpg
-
c0325097_14103995.jpg
-
c0325097_14105379.jpg

襟の内側「襟芯」の上部に遊佐地域の特徴的な刺し子がWスレード刺し分けで刺し子されています。
c0325097_14145525.jpg

木綿白糸で刺し子されて、藍-浸け染でわずかに藍染されています。
c0325097_1420252.jpg
-
c0325097_14203567.jpg
-
c0325097_14205132.jpg
-
c0325097_1421337.jpg
-
c0325097_14211352.jpg

同じ藍染め木綿布内で刺し子の柄をさし分ける手法は、明治末期・大正期・昭和期の中でも古様を示す遊佐刺し子の刺し子手法です。
c0325097_14384551.jpg
-
c0325097_14214068.jpg
-
c0325097_1439356.jpg

内側背中部分に木綿布が合わせてあり飛び飛びですが、直線で刺し子されています。
c0325097_14391819.jpg
-
c0325097_14393852.jpg
-
c0325097_14395636.jpg
-
c0325097_14401011.jpg
-
c0325097_1440278.jpg


c0325097_14442173.jpg

紙縒り緯糸が二本、木綿緯糸が一本の繰り返しで 経糸は、木綿糸です。侍アイテムのように緯糸が全て紙縒り糸では、ありません。しかし 本体部分は完全に藍-浸け染です。
それは、侍の紙縒り藍-浸け染アイテムに染め方が大変よく似ています。
c0325097_14443323.jpg
-
c0325097_14444774.jpg

c0325097_13211445.jpg

一般的な紙縒り糸を含む庶民野良着とこのアイテムを見比べてみました。
一般的な庶民野良着アイテムより細身なことが印象的な遊佐刺し子の流れをくむアイテムです。
遊佐刺し子は、通常薄手の作りで他の庄内地域刺し子野良着より細身です。それは、紙縒り糸が織り込まれた野良着でも同様です。
脇の刺し子部分は、大きめのそろばん刺しです。
胴体部分の刺し子は、表側もほとんど目立たぬ程度に内側の木綿がズレぬように必要な刺し子のようです。何かの文様を示すものではありません。

このアイテムは、襟部に隠される刺し子の襟芯に
何かの意味をもつようです。この襟刺し子は、ここに付ける為の物でしょう。

形がこの部分に付けるためのオリジナルです。


ではまた
トラックバックURL : https://saiyuu2.exblog.jp/tb/29770555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by saiyuu2 | 2018-10-01 00:01 | Trackback | Comments(0)